http://uwz.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ナツバテール
 夜中も変な時間に寝落ちしたり全く寝れなかったり。
 ……いつものことじゃないか。いや、食欲が沸かないのはそうでもないか。


ハプニング
 全米各地で姿を消すミツバチ。何故こういうことが起こるのか? という問いかけを生徒達に行う科学教師のエリオット。それぞれが意見を口にするのだが、エリオットを含め、確かな答えを持つ者は誰もいない。だが、その異変はこれから起こる現象の予兆だった。
 セントラルパークで発生した謎の災害。人々の間でのみ蔓延する“それ”は、ニューヨークを始めとし、次第に西へ西へと広がっていく。
 細菌テロか、放射能汚染か? 憶測を並び立てることで正気を保ち、逃げ惑う人間達。そんな中、エリオットは“それ”にとある法則性を見出すのだが……。

 七月末くらいにレイトで観たのを忘れ――てたわけじゃない。取り上げるにはきつい内容だったので、スルーしてただけです。ホントだよ!? 少なくとも、精神状態が良好な時でもないと一言二言コメント残すのさえ苦痛というか。ショッキングな映像が続くので心臓弱い人は一人で見るな。お兄さんとの約束だ。
 真相に近いであろう薀蓄は聞いてて結構面白くはあったのだけど、「いやそれはない」と手を振って否定したくもなったのも事実。だって……レミングス的な行動とかライオンとかアクセル踏みっ放しとか芝刈機とか、正直見てるだけでも気持ち悪い行動を起こさせるような現象って、ねぇ? でも終盤に出てきた婆の行動は、現象云々関係無く素の状態だと思いたい。やはりアメリカ西部には悪魔の住む家がっ!
 最後に。主人公と嫁さん以外のキャラの、ファーストネームやファミリーネームが総じて「J」で始まるのは何かの暗喩なんでしょうか?
 


 追記。つか書き忘れ。
 こんなもん一人で観るんじゃなかった……_no
review comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://uwz.jugem.jp/trackback/747
<< NEW | TOP | OLD>>