http://uwz.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
COMIC BATON
 crowくんから「こみっくばとん」が回ってきましたよ。短い期間でこんなの二度も回してくるなー! 次からはバトン放棄しようかなぁ。
 
 
 
1.Total volume of comic on my Bookshelf.
(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
 ライトノベル程に最近は力を入れていないので、100冊前後ではないかと。数えるのも億劫なので、正確な数字は判りません。

2.Comic thought to be interesting now.
(今面白い漫画)
 荒川弘『鋼の錬金術師』
 井上淳哉『おとぎ奉り』
 岩永亮太郎『Pumpkin Scissors』
 高遠るい『CYNTHIA_THE_MISSION』
 堤抄子『聖戦記 エルナサーガII』
 平野耕太『HELLSING』
 ……挙げるとキリが無いじゃないか。

3.The last comic I bought.
(最後に買った漫画)
 先にも挙げたけど、『おとぎ奉り』の四巻が最後かね。妖怪ものの作品だと藤田和日郎『うしおととら』が代表として挙がると思われますが、これもなかなかガチな造りでやってくれてます。主にグロで。

4.Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me.
(よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
 その一。堤抄子『聖戦記 エルナサーガ』。世界でたった一人“魔法を使えない”王女が主人公という設定から紡がれる物語は実に丁寧で綿密で。こんな扱いに困る能力で、どう話を作るんだよと連載開始時は興味津々/戦々恐々でしたが、そんな考えが杞憂になると判ったのは、連載が始まってから半年くらい経過した後でしょうか。兎に角、王道を突っ走る作品でしたが、他のファンタジーを寄せ付けない強さも持っていました。現在Gファンタジーにて、数千年後の世界を描いた続編が連載されていますが、こちらもなかなか。読むべし。
 その二。平野耕太『HELLSING』。プロテスタント所属の吸血鬼というトンデモな内容と第一話のインパクトに騙されたのは、確か高校時代。たまたま立読みしてた雑誌で出会ったのが運のつき。休載とかページ数の縮小とか執筆ペースの遅さとか、色々とヤキモキさせられつつ今も連載を追っ駆けています。濃密な黒で描かれる闇と血に酔い、銃と剣と魔術と死と生が入り乱れ、戦争の狂気と愉悦を楽しみたい方には是非薦めたい一品。あ、以前TV放送されたアニメは糞。原作準拠のOVAが製作中なので、映像で楽しみたい方は暫し待て。
 その三。村枝賢一『仮面ライダーSPIRITS』。虫を模した仮面を被り、悪と戦う改造人間。正義のため、復讐のため、夢のために戦う彼等。それぞれ発端は違いますが、そんな彼等が一つに集い、人のために戦う姿は、子供心に憧れていました。そんな改造人間の戦いが再び始まるとは正直思ってすらいませんでしたが……素晴らしいの一言。平成ライダーで満足してる輩は、昭和時代のライダー達の新たなる戦いを刮目せよ!
 その四。海藍『トリコロ』。四コマ作品はあずまきよひこ『あずまんが大王』で嵌った口で、連載が終わってから何か面白い作品無いかなと思い……そのまま四コマ読むのを忘れていたら、何処からか「この四コマが面白い」とネットで評判を聞き、何時の間にやら七瀬家の住人達にハァハァするようになりまして。学園コメディ四コマ漫画もいいけど、こういうホームコメディもいいなと。休載も多いですが、読んでみる価値はあり。現在二巻、及びドラマCD、ファンブックが発売中です。
 その五……ごめ。もうこれ以上は無理。とりあえず上記四点かな、割と思い入れのある作品は。全部語らせたら多過ぎる(喀血)。

5.Five people to whom I'm passing the baton.
(バトンを渡す5名)
 任せた(笑)。
answer - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>