http://uwz.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
VIDEOGAME BATON
 crowくんから「びでおげぇむばとん」なるものが回ってきまして。なかなか書くのに苦労しましたが、一通り書き上げました。
 
 
 
1.Total volume of the game files on my computer.
(コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)
 単純計算四捨五入で10GBをキープ。コンシューマとか、積んでたりする作品、ROMの本数で数えると……多分200以上300以内かと。

2.The game(s) playing right now.
(今進行中のテレビゲーム)
 先日ガンパレをクリアしたばかりなので、進行途中のゲームは……スパロボαか。コンプしていないゲームも多々あるけれど、すぐに思いつくのはコレしかなく。

3.The last video game(s) I bought.
(最後に買ったテレビゲーム)
 コンシューマならPS2版『永遠のアセリア』で、エロゲなら『ぱすてるチャイムContinue』かな。他にも購入したいゲームもあるけど、プレイする時間が取れず。

4.Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me.
(よく遊ぶ、または特別な思い入れのある 5 作)
 その一。サガシリーズ。特にロマサガ3とサガフロ1&2。気が付けばプレイ再開してるんですよね、この辺りだけ。大量のフリーシナリオと言っている割には一人の主人公で殆どのシナリオを見れるトコがちょっとアレですが、それでも繰り返し見てしまうのは中毒なのか否か?
 その二。『スペクトラルフォース』シリーズ。地雷ゲー作成メーカーと成り下がったIFの初期作品。中身が第一作とほぼ重複してるのに「2」と銘打つわ、三作目ではポッと出の新キャラが主人公と化すわと……まぁ今のやりたい放題な状況に比べれば、この辺りのお茶目は許せるくらいですが。非常に勿体無い作品。たまたま中古屋で手に入れたのがこのゲームとの出会い。登場キャラの多さと会話シーンの数に舌を巻いたりもしたけど、以後の作品が迷走し続けているのが(溜息)。
 その三。Leafのビジュアルノベル三部作、以降『誰彼』までの作品。これらのおかげで今の交友関係があると言っても過言ではなく。作品の内容にも当然思い入れはありますが、中でも『』冒頭の、太田さんの“あのシーン”には唖然とするばかり。ホンマもんのキチガイやと口をあんぐりと開けましたね、ええ。
 その四。『月姫』。一次創作の同人ゲームであり、低価格でありながらも商業ゲーム以上のクオリティを叩き出した衝撃は今も覚えていたり。今ではTYPE-MOONも商業メーカーに転進したり、『月姫』は脚本グダグダなアニメになったり原作準拠な漫画になったり、イベント会場では月系サークルで溢れてたり。未だブームに衰えを見せないところは凄いかも。
 その五。『TALES WEAVER』。クローズベータ、オープンベータと、短い期間ではあったがそこそこ楽しく遊ばせてもらった、初プレイのMMORPG。悲喜交々あり、酸いも甘いも体験させてもらったのも良い思い出。正式オープンと共に課金化してしまったため、引退したのですが……今年の十月に通常プレイ無料・アイテム課金制へと移行するとのことなので、これを機に再びプレイしてみようかと考えています。

5.Five people to whom I'm passing the baton.
(バトンを渡す5名)
 五人もいねぇ(汗)。ってことで、きたみちさんにだけバトンを渡そうかと。後は任せた。
answer - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>